一人ぼっちの60歳おとこが、少子高齢化社会と世界的な不況時代を如何に生き抜くか?


by mataichi007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

封切りした映画アンフェアを17日鑑賞した。刑事物サスペンスで、
主演の篠原涼子演じる、ダーティーハリー日本版といったところ。

警察上層部のスキャンダルを証明するUSBメモリを争奪することで
ストーリーは展開する。殺人鬼のアジトにヒロイン雪平夏見が、潜入するシーンでは、13日の金曜日を彷彿させられる。彼女のエロチック
な魅力が売りである。

物語はどんでん返しの連続で、最後は恋人や同僚刑事が全て敵側であったことが判明する。しかし彼女は、敵側に奪われたUSBメモリ
に解読された時点で携帯に連絡が入りそれを爆破し、内容を取返す
記憶をさせておいてけり。

どちらがアンフェアか?視聴者に問いかける。又一の感想は、大層な
広告の割にはたいした事はない。ま、ハウス食品のカレーみたい。
ダーティーハリーと十三日の金曜日のパクリですわ。篠原涼子の
魅力だけが一人歩きしているだで残念。エンデングもしつこい
回想を繰り返すので、震災直後のACジャパンのCMにへきへきし
ている我々には嫌味をかんじさせる。さて、本当のアンフェアは
・・・・。この映画の制作者だ。
[PR]
by mataichi007 | 2011-09-18 07:36