一人ぼっちの60歳おとこが、少子高齢化社会と世界的な不況時代を如何に生き抜くか?


by mataichi007
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

旅の終わり!

深夜のキャビンにて、大きな衝撃を感じた。すわタイタニックの二の舞か?と嫌な感じが過ぎったが何でもなく又夢の中に戻った。
c0189188_1121655.jpg

翌朝の朝食後の喫煙ルームでは、同席した婦人とその話をする。やはり衝撃は夢ではなく事実あったらしい。この大きな船だから助かっただけなのかも。

いよいよ今回の旅も終盤となった。この時期の北海道には中年一人旅
ライダーがいっぱいである。彼たちの計画力・行動力が結集できたら
なにかでっかい事ができる。そんな潜在能力を感じたのだ。

中年ライダーたちの反乱 偽装爆弾ですずらん丸をシージャックした
ライダーたち。国後の領海寸前で外務・国交大臣を呼びつけ、領土返還交渉をせよとせまる。各国の海軍やUSAの第七艦隊も現地に終結する。こんな感じで、海洋冒険小説でも書いて見ますか?

敦賀に着くと、隣のライダーは明日から仕事なので嫌になる。と、
こぼした。ミーツーと労った、又一でありました。
正月休みは、また沖縄を目指そうかな。
c0189188_1143263.jpg

[PR]
by mataichi007 | 2011-08-26 10:49
c0189188_2346235.jpg

10:00雨のツーリングを開始した。行き先は、襟裳岬及び苫小牧のフェリーターミナル。正午ころ一時雨が止んだ。襟裳岬に行くと
これまで生涯初めての強烈な強風で、バイクを走らせるのにも困った。岬は眺望の素敵なところではあるが、欲を言えば風を何とかして欲しい。
c0189188_23482758.jpg

c0189188_23503489.jpg

ほうほうの手で日高地方の競走馬の牧場を見ながらツーリングした。
おりから、野生のシカが道路の右側から飛び出してきた。そして、一定の時間併走状態となった。危険を感じクラクションを鳴らすと、何とシカの奴逆にバイクに急接近しやがった。危うくブレーキとハンドルでかわした。が、危機一髪であった。
c0189188_23524799.jpg


様似町では、カフェマザーという名の店で看板のマザーの気まぐれランチを食べた。めちゃうまとは言えないが、努力ある内容のランチ。
山菜のお浸しとみそ汁の具がよかった。ママさんとは旅行や様似町や糖尿病などについて語り合い意気投合する。こんな旅情もありだった。

フェリー乗船には、時間が余るので国道脇のパチンコ屋でイチパチを楽しんだ。店のガードマンの老人と何かと話があい、雪がすくない北海道の湘南と言われる日高地方を教えてもらう。出発時も安全を祈ってもらった。ここでの冬を過ごしたくなった。

フェリー乗り場までの国道235号は、雨では眼鏡がくもり視界悪しの夜間走行。恐怖のツーリングであった。強風に煽られ、雨に視界を遮られシカに生命を危うくされ、この日は三隣亡であった。
[PR]
by mataichi007 | 2011-08-25 13:32
午前8:30ごろ、砂湯キャンプ場を出発した。テレビがないと熟睡できることが、判明したような感じがいたします。

サルルン展望台に行くのに階段を登り、山を沢山歩いた。ほど良い
運動で体にはいいのだが、帰途の階段で膝が笑って苦戦した。
正に怪談ですな。^^展望台の眺望はすこぶる良くて、湿原湖沼が見渡す限り。今度はここをカヤックで挑戦したい。

釧路では、回転寿しを食べた。生牡蠣の軍艦巻と鮭が最高にうまかったのだ。

途中の道の駅で、東横イン帯広駅前を予約。これは、天候の悪さを
案じてキャンプは断念したものである。

ホテルには15:00に到着。向かいにパチンコ太陽があったので最後のぱちんこだい。約4万円負けて、嵌りそうになったころ。さくら
バージョンで爆発した。35回で89000円儲ける。これで、パチンコの
収支はプラス30000円とあいなり。テンションを戻したのだ。
でも疲れた。=サルルン展望台からの眺望= =めちゃうまの牡蠣の軍艦巻き&鮭=
c0189188_10482175.jpg

c0189188_10405365.jpg

[PR]
by mataichi007 | 2011-08-23 08:24
北海道バイクでの独り旅の11日目、8/21 17:30であります。
ただいま、屈斜路湖砂湯キャンプ場のテントの中でキーボードを
たたいております。

今朝は8:30起床。ホテルのバイキングを食べて、温泉に入浴しました。このキャンプ場までのツーリングは、快晴で風景もよく最高。
カヤックを組み立てると、屈斜路湖を漕ぎ巡った。正面に中の島があり、琵琶湖の宮之浦から沖ノ島を眺望する風景にそっくりであった。
泳いでみると、快適な水温で水質も琵琶湖の並みでよかった。
冷えた体に砂湯の暖かさがうれしかった。

昼食はコタンの夏祭りに参加して、特製味噌ラーメンをたべたが、
これはうまかった。布施明の霧の摩周湖をハミングしながら、摩周湖
を目指したのだが、本当に濃霧で羅臼と同じ結果になってしまたのだ。展望台では、霧で何も見えなかった。今回のツーリングは、快晴あり、雨あり、強風あり、濃霧ありで全天候をこなした感じである。

隣のテントでは若いパパが子供たちと尻取りをしている。
普遍的な親子の語らいに、心の引き出しを少し開けさせられる思いだ。

朝はホテルのバイキング。昼はコタンの夏祭りのラーメン。
夜は焼き鳥と、きのこご飯と、ビール。
=カヤック漕いで泳いで砂湯でご機嫌だい= =コタン夏祭りの特性ラーメン=c0189188_1057492.jpgc0189188_1101898.jpg
[PR]
by mataichi007 | 2011-08-23 08:20
昨夜は気温も低く、ぐっすり眠れました。が、今朝雨の音で目覚めた。朝から嫌な感じではじまる。

小雨になったので、テントを畳み、根室を目指してバイクのをはしらせた。途中の国道で、根室方面雷雨注意報の文字ニュースを見たので根室は見合せて斜里町に。

間がさしたというか、この前儲けたひまわりという名のパチンコ屋で4万円返すはめになった。仕方なくホテルグランティア斜里に今夜は飛び入りで宿泊とあいなりました。

朝はぱんと牛乳。昼はなし。夜はコンビニ弁当。
c0189188_11102541.jpg
雨の早朝畳んだテント=
[PR]
by mataichi007 | 2011-08-23 08:16

又一の知床旅情!

8:00ごろ斜里のホテルを出発、ウトロの知床半島の観光船に向かった。ウトロの街は、20歳のころ行った時とは、大きく観光化されていた。

観光船は、知床岬までの約45キロを航行。美しい断崖や滝や川、野生のヒグマまで見ることができてたのしかった。

船が港に帰ったくらいに曇りから晴れになった。それで今夜は、羅臼のキャンプ場での宿泊を決定した。

知床半島はウトロと羅臼で天気が異なる。と、船のスタッフがいっていた。身を持ってこれを実感したことになることがこの後あった。
羅臼まで山を越えた頃から、凄い霧になり前方の視界が極めて悪くくせんした。丸で箱根の十国峠さながらでありました。

羅臼野営場は、芝生の美しい所で野生のシカが敷地内にいるから、
楽しくなる。国道を挟んで併設している熊湯温泉は無料の露天風呂で
泉質は最高だった。しかし、若干熱すぎるのが難点だ。

キャンプ場利用者は一人旅が意外と多く、なんだか連帯感を感じる雰囲気があった。

本日の食事は、朝のホテルのバイキング。昼は知床の寿司屋で海鮮巻き鮨。夜は、コンビニ弁当とビール。
c0189188_11171476.jpg

   知床半島と観光船と俺
c0189188_1122412.jpg

ズーミングして見てね、川の両側に親子の熊を見たぞ!
c0189188_1127528.jpg

観光船スタッフのお姉さん
[PR]
by mataichi007 | 2011-08-23 08:13
東横イン網走駅前の朝は早い。朝食時が超過密になる事を知っているリピーターたちが6:30ごろから集まっている。そんなに美味しいものではないが、世間の不況を反映しているのかも。

高校野球は、智弁奈良が作新学園に競り負け応援するところがなくなったのが残念だ。

本日のツーリングは、網走から知床斜里までの約30キロ。国道244の気温22度、涼しいはいいのだが今にも雨が降り出しそうな曇天が精神衛生上よろしくない。

途中の原生花園では、駅の女性職員に振り回されこれが朝の散歩とあいなりました。お陰で、ハマナスの花と実やナデシコなどの名前を覚えた。後で分かったことであるが、この日サッカーのナデシコジャパンが国民栄誉章を受賞したのである。

知床斜里駅前のホテルのグランティアに昼頃到着。道の駅で、お手盛弁当をたべた。このあと、温水プールに。そこは、ボロボロで13時かららしい。仕方なく斜里町でチェックイン時間待ちのパチンコがはじまった。どうせ負けると大方の予想に反して、何と9万円儲けた。

結論、紋別は怖い街。網走は普通の街。斜里町は、希望の街のですな。ほなまた。(^O^)/
c0189188_11384924.jpg

駅長帽ではいポーズー網走原生花園駅にて
国道でキタキツネと出会った!
c0189188_1147157.jpg

[PR]
by mataichi007 | 2011-08-23 08:09

キャンプと岬と牛乳と!

起床6:30。朝食は、2回目のバイキングで、要領よく取れました。中でもホタテの貝柱の刺身が最高であった。
ようやく雨が止んだので、怖い街の門別から脱出した。

国道238号を網走に向かう。途中でゴムケ湖キャンプ場を下見した。
が、ゴムケ湖は、潮流が早くカヤックでは遭難しそうな感じ。
おまけに、昨夜一人でキャンプした伊丹の青年のはなしによると、
半端じゃない蚊の大群に襲われたそうな。そんなこんなでここは断念。
c0189188_11582664.jpg

次にサロマ湖畔のキャンプ場を当たったが、天気が今にも降り出しそうになったのでキャンプは順延とした。
ガソリンスタンドで東横イン網走駅前を予約。この後、能取湖、能取岬を観光して網走に。
それにしても、サロマ湖の大きさに圧倒された。また、能取岬は観光客はすくないが、今日一番の風光明媚なところであった。
途中のトンネルはめっちゃ気温が低く、サイクリストの青年と涼しさを称えあった。ぐらい。
岬に続く道、草原と海と広い視界。山口百恵のいい日旅立ちを彷彿させる。
c0189188_11533159.jpg

網走ではパチンコ屋太陽で少しあそんだ。
本日の食事は、朝ホテルのバイキング。昼、道の駅のパンとオホーツク牛乳。牛乳は濃くてうまかった。
夜、すき屋の納豆けんちん汁定食。これは、一応食事制限のつもりである。
[PR]
by mataichi007 | 2011-08-17 23:59
午前6:30起床。
紋別セントラルホテルの豪華なモーニングバイキングを食べて外を見るとまだ雨が降り続いている。

c0189188_1263217.jpg

Hさんは、雨の中日程もあるのでバイクを走らせた。
c0189188_1294592.jpg

私はもち連泊を決定し。近くのみゆきって名のパチンコ屋に直行これが悪かった。
7万円負けてしまい。もうめろめろですわ。

本日の食事はホテルのバイキングとセブンイレブンの弁当でした。
[PR]
by mataichi007 | 2011-08-17 07:58

豪雨の中走り続けたぜ!

起床は午前6:30。朝の散歩は省略して、荷物を積んでかけこんだ朝食になった。これは、雨降りのため予定を変更大急ぎで稚内に戻るためであった。フェリーでは偶然に奥尻島町会議員と同席した。結果二人で少子高齢化を憂い、原発に反対するなど大いに国家を語り合った。

さて、稚内についてからが、難行・苦行の連続で最近ではまれな苦戦であった。
豪雨の中手袋がないのでレジ袋で対応。100キロも走ると合羽の中に豪雨が染み込んできた。気はしっかりもって、紋別までの約200キロを完遂。我ながら頑張りました。
紋別セントラルホテルでは途中の道の駅で知り合ったHさんと、お互いを称え部屋で祝杯をあげた。
c0189188_1217943.jpg

雨の宗谷岬
[PR]
by mataichi007 | 2011-08-15 20:13