<   2010年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

◆入院生活22日目の昨日、職場の同僚3名の見舞客があった。同じ5Fフロアー、同じ職場、同じ喫煙仲間たちが滋賀病院の5Fロビーで歓談。おおいに盛り上がったのであります。◆簡単にこの日のメンバーを紹介いたします。元ブティック経営のSさん、元ドラマーのFさん、そして職場のマドンナM子さん。みんな同じ班の勤務後の一服メンバーなんだ。◆話題はラーメンからミサイルまでとは行かないが・・・。趣味から経歴、アイパッド、など多岐多彩に及び候。◆又一的には、糖尿病の恐ろしさと闘う努力を説明したかったのだ。が、果たしてうまく表現出来たか?どうか?定かではない。◆にしても、感激で胸キュンですわ。心の籠もった千羽鶴と見舞い金までいただきました。◆みなさんありがとう。めっちゃ愛を感じほろりとした又一でありました。ほなまた。(^^)/~~~c0189188_19585559.jpg
[PR]
by mataichi007 | 2010-09-30 01:23
面白い奴がやってきた!

[PR]
by mataichi007 | 2010-09-27 15:00
◆今日で入院生活19日目となる。これまでの成果は、空腹時の血糖値263→94中性脂肪838→168体重70→64といったところ。◆かなりの好成績に喜んでおります。だが、今後が課題である。◆空腹感の凄まじさは、意思薄弱な私にとって不安材料である。◆合併症の恐ろしさを思い出し、正確な血糖コントロールを守らなければならない。◆敵はサイレントキラー。静かなる殺し屋だ。目にも見えない。そして、果てしなく戦いは続く。◆ただ今を充電期間と認識し、先手を取ったがほんとうの戦いはこれからである。負けたらあかん糖尿病に。ほなまた。d(^_^o)c0189188_2025996.jpg
[PR]
by mataichi007 | 2010-09-26 19:48
◆今朝の散歩は、滋賀病院から名神高速を超え相模川の上流の砂防ダムまで。往復約一時間、万歩計では8000歩であった。◆棚田のある里山では、ヒガンバナやコスモスが眼を楽しませてくれる。◆砂防ダムのある山道では、たんぽぽのような綿帽子の空いっぱいの乱舞を鑑賞した。なんだか、珊瑚礁の海のマリンスノーに共通する感激でありました。◆帰途には、膳所の山辺を守る会が作った散策路を発見。こんどはここにチャレンジしてみようかなと思う。◆御用池では、釣り人を見て回ったがあまり釣れてなかった。でも、のんびり気分がここにはあった。気温約15度。空腹時の血糖値は109。今日も俺は闘っている。ほなまた。(^^)/~~~
c0189188_204942.jpg

[PR]
by mataichi007 | 2010-09-25 10:16

俄雨にうたれて!

俄雨にうたれて!
◆今日は、さる22日の血液検査の結果が分かった。中世脂肪168空腹時の血糖値106と好調なデーターであった。◆が、今朝の血糖値は132と122とかんばしくない。さらに、血圧は101-140と嫌気がさす数値であった。◆にわかに寒くなった事によると思うが、努力の成果が数字に現れないのは、元営業マンとして落ち込みそうである。◆尖閣列島の中国人船長の釈放も、大国の圧力に屈した格好でこれまた面白くない。◆白鵬の60連勝も偉いとは思うが、日本人力士で奴を止める者がいないのが残念だ。唯一のプラス材料は、イチローの200本安打達成かなぁー。◆本日は散歩していて、俄雨に打たれずぶ濡れになった感じの一日であった。ほなまた。( ; _ ; )/~~~
c0189188_2053912.jpg
[PR]
by mataichi007 | 2010-09-24 21:59

彼岸と悲願のお話!

彼岸と悲願のお話!
◆62歳で糖尿病と闘う戦士の又一です。彼岸とは煩悩を脱した悟りの境地のことをいうらしい。今日23日は、彼岸の中日つまり秋分の日である。◆入院中でよかったのかも。だって、20日は中秋の名月、今日は彼岸の中日。月見団子やおはぎは、ちょー血糖値を高めるからねっ。◆現在の入院生活を糧に、規則正しくバランスのよい食事をし、適度な継続する運動を重ねる。◆そして、合併症が出ない血糖値をコントロールすることが私の悲願である。ほなまた。(^^)/~~~
c0189188_14354736.jpg

[PR]
by mataichi007 | 2010-09-23 06:30
◆月々の月見る月は多けれど月みる月はこの月の月 ・・・。誰が読んだのかは定かではないが、又一は相当な暇人だと思いますね。◆昨夜は中秋の名月。蒸し暑い滋賀病院の駐車場で、個人的に観月をいたしました。◆出来ることなら、京都伏見の観月橋で屋形船から水面に映した月を見たかった。が、入院中のこの身にはままなりませんでした。◆西洋では満月は死を意味したり、狼男伝説など案外縁起が悪いみたいです。◆そこへ行くと日本では、竹取物語物語なんか、夢があってええですね。日本人ならこその花鳥風月を愛でる心、普遍的であって欲い。◆最近の人間の絆の希薄さを物語る事件の多発傾向に、こんな気持ちを隠し切れません。ほなまた。d(^_^o)
[PR]
by mataichi007 | 2010-09-23 00:44
◆同じ508号病室の隣のMさんは、昭和4年生まれの81歳である。この夏の暑さで熱中症となり9月1日から入院している。倒れているところを近所の人に発見され。九死に一生。◆今回の入院となったらしい。入院は6日、年齢は19年先輩である。◆又一とはけっこう気が合い、散歩や食後のコーヒーなどを楽しんでいる。◆彼は鹿児島県の開聞岳の麓の半農半漁の村の出身である。◆20歳のころ、都会への憧れから家出を決行した。夜汽車に乗ってたどり着いたのが、兵庫県の尼崎。そこで土木作業員などをして大津市に。◆最終的には大津紡績の社員になり定年後は同社の守衛を務めたという。◆そんなドラマチックな経歴を持ちまじめに務めたあげたのである。◆現在は富士見台に一戸建ての家を持ち300万円の年金をもらっている。◆これはもう地方出身青年のサクセスストーリーですな。◆趣味は酒を飲むことと一日中スロットを打つことと豪語する。◆又一は彼の身の上を聞いて、天才バカボンのパパになりました。これでいいのだ。ほなまた。(^^)/~~~
[PR]
by mataichi007 | 2010-09-21 04:33
◆本日は敬老の日である。進み行く少子高齢化社会である今日、有意義な一日であって欲いと願います。◆下村早苗さんの出現で、モラルは崩壊した。人間の絆の希薄さはどんどん進み行くような気がいたしますわ。◆戸籍上は死ぬことが出来ない超高齢者。白骨になっても放置され、年金だけはしっかりと遺族らの糧になっているという。

◆1947年兵庫県多可郡野谷村の門脇政夫・村長らの提唱によりはじまったらしい。◆当時は年寄りの日、1964年には老人の日、1966年には敬老の日と改められた。◆農閑期の9月15日に定められていたが、2004年からはハッピーマンデー制度により9月の第三月曜日となったもの。◆世界的にも例がなく、農耕民族の優しさを表している感じである。

◆因みに又一は1948年9月15日生まれ、この敬老の日とともに歩んだ人生でありますねん。◆ただいま、高齢者がいっぱい。医療・介護や年金に莫大な税金が食われる。この国の会計は風前の灯し火である。◆そやけど中学生が老人にエアガンで腹いせをするなんて事件は起こってほしくないですね。ほなまた。

[PR]
by mataichi007 | 2010-09-20 10:29

見破って候!

運転免許の更新

◆本日運転免許の更新をした。今回から偽造防止に効果的なICチップ入りの免許証になるらしい。◆又一は違反歴があるので、二時間の講習付きである。流れ作業の工場のように、事務的な作業は進み。人間さまは製造する製品のごとくである。◆蓮舫大臣にこれこそ仕分けしてもらいたい。民営化で充分。警察官及び警察職員では、コストがめっちゃ高いと思うのは又一だけでしょうか?◆新しい道路交通法では、飲酒運転の関係者。例えば、飲酒と分かりながら同乗あるいは車を貸した者及び飲ませた業者も同様に処罰されるという。◆同じ成文法ならば公務員及び警察官の飲酒運転は、超厳罰にすると明記して欲いな。◆運転免許証は、カード化やICチップ化と小出しに進化する。これは、安全協会関連で警察官の天下りが本来の目的であることを又一はすでに見破ったのである。ほなまた。d(^_^o)

[PR]
by mataichi007 | 2010-09-19 21:22