<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

娘が父親を追い越すなんて、残された者はどうすればええのですか?
この親不孝者め。

5月19日20時ころ長女の文香から涙の携帯を受けました。
この報告が冗談であることを神に祈りました。
何でもするから、丹美を返してください。

でも、これは鬱病・パニック障害とたった一人で戦い続けたあなたを
神さまが解放してくれたのかも知れないねぇ。

赤ちゃんの丹美がお風呂に落ちたのを助けたのはパパだよ。
幼児の丹美が外環状線のケンタッキーからワーといって走ってくる
トラックに飛び出したのを助けたのもパパだよ。
が、今回だけは助けられなかったのは残念でたまりません。

幼児の時のあなたは、色白でおとなしくてダンボールの箱に入るのが
好きだったね。網野で眼科のお医者さんに行ったの覚えているかな?
なかよし保育園でのいきたくないは、心を鬼にさせられちゃいましたよ。
でも、発表会のヒロインにはほーんと感動しました。ありがとう。

あんちゃんお気に入りのブルーのママチャリはどうなりましたか?
いつか一緒に、木津川サイクリングロードを走ったね。

あなたには携帯も教えられ、星新一や宮部みゆきの楽しさも
教えられましたね。ほとんど読みましたよ。

中野さんの法事に一緒に行った時のこと覚えていますか?
みんなから「ええ娘さんになったねぇ」と言われて、お父さんはうれしかったよ。

最近は山歩きを日課としていたのだけれど、昨日は途中で戻りました。
みんなで上醍醐寺の山を歩いたことを思い出したから・・・。出来ればあの時あの時間に戻りたい。
あのときは、あなたの山歩きの才能にみんな驚愕の思いでしたよ。
だって、身軽さとスピードがずば抜けているんだもん。思い出すと、
胸が痛くなり涙が止まりませんでした。そうそう、あなたの文章力も凄かったね。
ママに知らされて。ある本の書き込みを見て、その素晴らしい書き込みの感性に果ては文豪かなんて思いました。

最後に会ったのは、あれは、去年の9月に三室戸の平和堂だったね。あの時は楽しかった。
生命保険の件の誤解も解けたし。あけみ言葉「ボーエイコウ」の意味も分かったし。
食事して買い物して、正月休みは一緒に沖縄旅行に行こうって約束したのに・・・。
あんちゃんドタキャンはいけませんよ。病気が出そうだからって言うもんだから断念したんだけれど・・・。
無理にでも連れて行けばよかったな。あっ。その後、携帯のメーリングリスト一緒にやったね。
あははは親子であることをメンバーに伏せて。

あなたが召されたのを実感した時、家族愛の大切さが身にしみました。そやし、文香と安希には何があっても絶対自殺だけは
しないと約束させましたよ。あなたを産んでくださったママや文香・安希・お祖父さんお祖母さんの悲しみを察すると言葉がありません。
機会を作って慰め謝罪したいです。

丹美は神さまが私に下さった天使でした。でも、私の行いが悪いのできっと取り返されたのだと感じます。
たぶん許してはもらえないとは思いますが。家族を愛し続けられなかったお父さんを許してください。
一人暮らしに「不幸」が訪れるってことは、最大のウィ-クポイントでした。
c0189188_212179.jpg
[PR]
by mataichi007 | 2009-05-22 18:47
読者のみなさまお早うございます。今朝の大津市は五月晴れ。ただいま、恒例の「朝の散歩」を終わって入浴後の朝食ですわ。健康で建設的な気分であります。さて、朝食のメニューは何だと?思いますか?ガーリックトーストとミルクであります。ガーリックトーストと言っても、あはは。だだものじゃないよ。バータートストに「行者ニンニク」のパウダーを振りかけたものである。そやし、たんなるガーリックの香りだけじゃなくて・・・。北海道の春の山野の香りがいたします。話は4月下旬に戻ります。3人目の孫のゆきちゃんちを訪問。おりからこの家に訪れていた娘婿の両親に「タラバガニのかにしゃぶ」を食べてもらおうと、ネット通販の「北海道海鮮組」に材料を発注したときの事です。関西人らしく、2回目の発注なので量でのサービスを要請したところ。サービス価格なのでご容赦をと、逃げられちゃいました。^^が、その後同社からTELあり。値引きとか量でのサービスは出来ないが、近く山に登って北海道に自生している「行者にんにく」を採るから希望するなら送るとゆー話であった。もち、新しいもの好きの又一のこと希望の意向を強く主張しましたね。品物は、7日に届き8日には又一と姉2人の3人で試食会をいたしました。最初に紫色の薄皮を剥いて、準備はOK。お浸しにしたところアリシン臭はかなりおさまって滑らかな舌触りと程よい歯ごたえで、はっきり言ってうまかった。その後、カツオのたたきの乗っけ盛・豚肉との炒め物・皿うどんなどに使ったがすべてよく馴染み。試食会は盛り上がりました。経済観念のある姉たちは、味噌漬け醤油漬けにして保存するという。このうち元、京都・祇園でスナックのママをしていた下の姉が行者にんにくの葉をパウダーにすることを発案。大皿の上に葉を広げて乗せ電子レンジ500Wで5分し水分を飛ばした。出来上がりは潰すと簡単に粉になった。又一がガーリックトーストに使うことを提案しさっそくみんなで実践したところ大正解でありました。そんなこんなで、本日の朝食にメーニューとあいなりました。行者ニンニクは北海道では、アイヌ民族が古来から料理や祭祀、薬用などに用いていたことからアイヌネギと呼ばれていたらしい。鴨ネギじゃないけれど・・・。こうなったら、熊の肉と行者ニンニクを食べたくなって候。えー北海道海鮮組さんhttp://kaisengumi.net/お世話になりました。充分に楽しめましたよ。この場をかりてお礼と感謝をいたします。ほなまた。=出来上がった行者ニンニクパウダー=c0189188_11555314.jpg
[PR]
by mataichi007 | 2009-05-09 12:04
恒例の「朝の散歩」の今日は、ゴザ十字路から少し南の川の堤防の散歩道。お年寄りたちが元気に散歩していた。近くに市場があり早朝から活気溢れていましたよ。その後、沖縄ワールドまでツーリングし玉泉洞を見た。さて、楽しかった今回の旅行も今日で終わりですわ。明日は8時15分のJALで神戸に帰ります。阿嘉の外地展望台の360度の眺望。ニシハマビーチの豪快なシュノーケリング。民宿富里のゆんたく。民宿ロビンソンのシ-カヤック。コザの銀天街商店街。伊江島のゆりまつり。本島の各ビーチとツーリング。みーんなそれぞれに楽しかった。6万円ほど財布にあったのだが、もう残りわずか銀行のATMに頼ったところGW明けまでは出ないらしい。仕方がないので今後の食事はファミリーマートでのエディー払いと相成りました。空港に荷物を預け、スクーターを返却。今日の宿、国際通り近くの民宿コバルト荘に到着いたしました。宿ではオーナーの三男の奥さんが、張り切って仕事をしていた。彼女は9年前に仙台から旅行できてここの3男と結ばれたという。にしても、ドラマチックですねぇ。この宿は、立地条件もよいのでリッチらしい。リピーターも多く近くの官庁関係のビジネスでの利用も多いという。色んな話をしているうちに、女性の一人旅Iさんが到着。明日の朝8時15分の飛行機で帰るので同行することにした。彼女は華奢で上品な女性。これが、30年前ならエキサイトしてたところなんだが・・・。夜は波の上宮で、とまりんのエイサーまつりの開始を告げる花火の鑑賞でフィナーレを飾った。本来ならエイサーまつりを見たかったのだが、残念ながら帰りの飛行機が取れなくて断念となりました。^^ほなまた。=波の上の噴水=c0189188_933404.jpg
[PR]
by mataichi007 | 2009-05-04 22:31
予想に反して本日も晴れの沖縄であった。それで、今日は一つ本島の有名ビーチ巡りを展開することに決めたのだ。トンナハビーチ・伊計ビーチ・あざまサンサンビ-チ・残波ビ-チルネッサンスビ-チの計5箇所をスクターで訪問したのである。なんせGW真っ最中だから人手も多く各ビーチとも賑わっていた。が、この低水温と強風でウエットスーツ着用者以外はほとんど泳げずに日光浴や砂浜での遊びが多かった。伊計島へ行くための海中道路の手前ではもちろんY子さんのGSに立ち寄る。あれから、4ヶ月になるが、又一が以前より痩せていると言ってくれたのがうれしかった。ルネッサンスホテルのプライベートビーチでは、今は亡きダイアナさんによく似た白人の女性の写真を撮らしてもらい。同じ場所で又一の写真も撮ってもらった。そして、宿に帰ってスライドショウにすると、彼女のあとに又一が出るとなんだか平たい顔で・・・。ハリウッド映画の日本人役の中国人といった感じ。あかんこれでは、脇役や。美しいヒロインに別れを惜しまれるヒーローになるには無理がある。真っ赤な太陽とビーチでの熱気も今年の水温と同じで少し冷やされちゃいましたわ。ほなまた。 =ルネッサンスビ-チにて=
c0189188_7441580.jpg

[PR]
by mataichi007 | 2009-05-03 20:22
本日の「朝の散歩」は、銀天街商店街周辺を60分。このゴーストタウンも繁華な国際通りも、朝の光景は大差ないですわ。逆に市場があるのでここでは、前者のほうが活気がある。新都心とかの発展がめざましいので、国際通りも京都の新京極みたいに代わり映えのしないみやげ物やばかりではいつか衰退するかもしれないね。今日は伊江島のゆりまつりめざして、沖縄自動車道を北進。今回も強風に悩まされました。朝食は底地島の売店で軽く手巻き寿司と惣菜をつまんだ。そこの売店の親父さんが、又一の関西弁に惹かれて子供たちは関西に行って寂しいとか。身の上話の一部始終を話し出したのです。だいたいやね、身の上話は始めて知り合った女性とベットでするのが望ましい。でも、これも旅情のひとつとあきらめ親父さんの出す京都旅行の写真にうなずいて置きました。そのとき、現れたのがこの地に住み着く野良猫の母子。どちらも茶色と白のぶちで、めっちゃ可愛かった。売店でいかのてんぷらを買って与えると猫たちは大喜び。売店の奥さんは「猫たちはそれが大好きなんですよ」。え?ひょっとして?このとき猫たちがチャバクラでマッチを擦って追加をつたえるホステスに見えましたねぇ。でも、又一は次回もこの猫たちに餌をやるために飛行機でここにくるぜ。さて、伊江島は本部半島の沖合いに浮かぶフンタジックな島でした。中央の城山は、この島のシンボルで雄大な眺望。たばこを中心に農地はことごたく整備され、北海道の富良野を髣髴させるもの。北辺の岬一帯の総面積86,000平方メートルの敷地に白いテッポウユリ100万輪が開花しての「第12回伊江島ゆりまつり」は見渡す限りのゆりの花であっとうされました。コバルトブルーの海と青空といっぱいの白いゆり。この強烈なコントラストはこころの引き出しに焼きつきましたよ。因みに又一の元妻はゆりとゆー名前なので・・・。こころの引き出しは住んでる部屋と同様5Sの必要がありますね。^^ランチはタコライスと合鴨とシマラッキョの炒め物を会場で楽しみました。帰途は国道329号を南下コザ十字路までのツーリングは爽快の一言。=第12回伊江島ゆりまつり=c0189188_7153388.jpg
[PR]
by mataichi007 | 2009-05-02 20:53
本日は晴れたり曇ったりの天候。が、この時期の沖縄としては寒すぎる。恒例の朝の散歩は、阿真ビーチ界隈を30分。継続してまっせ。民宿ロビンソンはヤギ・犬・猫を飼っておりいい雰囲気なんだが、食事はいまいちである。でも、リピーターが圧倒的に多く、昨夜語り合ったAさんなんかは20年の古株だという。一緒に食事をしたBさん夫婦はこれまた8年目らしい。これは、客とオーナーやスタッフが誠意の架け橋で結ばれているとゆー美談ですな。帰りのフェリーまで時間があったので、よく泳ぎ展望台やビ-チでよく眠った。今夜の宿泊は、ゲストハウスマンタで1泊1500円。コザ十字路の近くにあり。古きよき人情豊かな銀天街商店街にある。部屋は6畳。で設備も案外そろっており。カプセルよりもよいと思った。商店街のたこ焼きや屋はめちゃうまで、平和堂のカリカリ博士よりもうまかった。これで、1ヶ月5万なら退職後は考えようかな?ほなまた。 =ゴーストタウンのような銀天街商店街でも子供たちは元気いっぱい=c0189188_547992.jpg
[PR]
by mataichi007 | 2009-05-01 20:33