甘すぎるNHKに疑問あり!

 NHKは13日、強制わいせつの疑いで逮捕された森本健成(たけしげ)アナウンサー(47)を、免職を除いて最も重い停職3カ月の懲戒処分にすると発表した。20日付。森本アナウンサーは処分保留のまま釈放された。被害者との間で示談が成立し、7日付で不起訴処分となっている。

 NHKは「視聴者の皆さまに改めておわびいたします。再発防止に向けて職員への指導を徹底します」とコメントした。森本アナウンサーは「高いモラルが求められるアナウンサーの立場にありながらあってはならないことをした。深く反省している。被害者の方には心から謝罪したい」と話しているという。[朝日新聞]
c0189188_20132366.jpg


この記事読んで、空いた口が塞がりません。これが民放なら分かる。でも、国民から受信料を払ってもらうNHKならばこそ許せない。懲戒免職で相当である。一歩譲っも本人の自主退社までだろう。

我々はこのような事柄を「示しがつかない」と呼びます。NHKで停職3ヶ月と言ったら、無罪放免に等しい。示談ができたら、起訴されなかったら。社会的・道義的な責任はどうでもいのでしょうか?

NHKは身内に甘すぎる。飲酒運転で懲戒免職になった公務員にどう説明するのでしょうか?みなさん、受信料の不払い運動を展開しましょう。責任者出て来い。只今は糖尿病の治療中です。
そやし、甘いものはご法度なんだ。そして甘い体質のNHKもだいきらいである。ほなまた。(^^)/~~~

[PR]
by mataichi007 | 2012-12-13 20:02